マンガ

マンガ「チ。ー地球の運動についてー」が面白い! 私達はなぜ生きるのか? それは感動したいからだ!!

みみずく
みみずく
本日は最近読んだ漫画についてのお話です。
タイトルは「チ。ー地球の運動についてー」
マンガ大賞2021で2位に選ばれ、今最もアツイ漫画の一つですね!
私はそんな前知識ゼロで読み始めたのですが、面白かったです。ほぼネタバレなしでご紹介します。

「チ。ー地球の運動についてー」とはどんなマンガ?

「チ。ー地球の運動についてー」魚豊(著)は週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて連載中のマンガです。コミックスは2021年4月1日現在3巻まで発売されています。

物語の舞台は15世紀前半、ヨーロッパと思しき世界です。(作中ではP王国。また、彼らの信仰する宗教はC教とされている)
コミックス1巻の主人公は少年。12歳で大学合格を決めた超エリートで、合理的な思考と行動を良しとしています。
しかし彼は天体観測が好きでした。天動説が信じられていたこの世界で天文を学ぶということは一歩間違えれば異端とみなされ、とても危険です。学問の頂点が神学のこの時代で合理的に生きるため、天文を諦め神学を志そうとした彼ですが、ある男に出会ったことで当時異端とされていた地動説を信じはじめ、運命が変わります。

「チ。ー地球の運動についてー」 ここが面白い!!

1.善悪や正誤という判断基準を失った世界で、美しく輝くのは人の情熱

作中の世界は中世ヨーロッパ。
善悪という判断基準を失うどころか、善悪という二元論にゴリゴリに凝り固まった世界です。
それを何故善悪を失ったと書くかというと、主人公はその善悪に染まりきってはいないから。
しかしその主人公もまた作中の時代の人間。後世の我々からすれば「それはどうなの? 」と言いたくなるような常識も、否定はしません。それどころか最初はその世界の常識の中で合理的に生きようとしています。
読者から見ればそれば必ずしも好ましい行動ではありませんが、それは仕方無いことです。地動説は現代の私達からすれば常識ですが、当時の人間にとっては未だ証明されていないどころか非常識で異端な考え方。その考えの証明に人生を賭ける等、とんでもなく無謀な事なのです。

とはいえ、「ちょっとどうなの?」という世界で、主人公もまたそれとは方向性が違う「ちょっとどうなの?」な行動をとる。その姿に読者の価値観はゲシュタルト崩壊を起こしてしまいます。

いったい何が正解で何が不正解なのか? 価値観をガンガン揺さぶられて惑う読者の前に燦然と輝くのが、信じるものを自分で決めた者たちの晴れやかな顔と、彼らが眺める宇宙です。

熱い!! 美しい!!

2.セリフ回しが美しい

どれだけストーリーが優れていても、それを伝える絵や言葉が無ければ魅力は伝わりません。
とくに私が注目したのはセリフです。

あなた方が相手にしてるのは僕じゃない。異端者でもない。
ある種の想像力であり好奇心であり逸脱で他者で外部で……
畢竟、それは知性だ。

出典:チ。―地球の運動について―(1) (ビッグコミックス)

美しい!!
なんかもうこれだけで感動できます。

そして、

多分 感動は寿命の長さより大切なものだと思う。

出典:チ。―地球の運動について―(1) (ビッグコミックス)

ワタクシ、この考えに大賛成でございます。

このように登場人物達のクールで熱い思考が、多くのセリフやモノローグにちりばめられているのです。
セリフは多めですが、それは彼らの真摯な思考から出てくるものであり、決して上辺だけの言葉ではありません。

熱い!! 美しい!!

3.この人の心中は? あの人は今? 張り巡らされていそうな伏線が気になる

本作の各コマはシンプルです。大きな動きは無いものの、人物達の何気ない動作が非常に大きな意味を持っていたりする。
なので目が離せません。

また、本作は一度大きく時間が飛んで主人公が交代するのですが、その前後に継続して登場するキャラクターがいます。
彼らはとても大きなショックを経験したはずなのですが、それについての各自の見解は今のところ明かされていません。このままその件には触られず物語は進んでいくのか? いや、何かありそうで気になって仕方ありません。

熱い!! 面白い!!

まとめ

「チ。ー地球の運動についてー」とは

・本作は週刊ビッグコミックスピリッツにて連載中であり、コミックスは第3巻まで発売されている[2021年4月1日現在]
・本作の舞台は15世紀前半である。そしてヨーロッパと思しき世界である。
・主人公は地動説を信じ、証明しようとする者達である
・登場人物達のクールで真摯な思考が熱くて美しいマンガである

みみずく
みみずく
中世ヨーロッパが舞台なので、流血シーンや残酷なシーンもあります。苦手な人はご注意くださいね!